▲Googleマップを見る▲
お車 県道9号線奈良口より2分
最寄り駅 近鉄橿原線九条駅より徒歩8分
​キリン堂・やまや交差点より150m
奈良鍼灸院
久保山はり灸治療院
 
〒639-1001 奈良県大和郡山市九条町217-8
電 話 :0743-55-1952
     ご予約優先制
受 付 :9:00-19:00
休診日 :金曜日 / 土日祝診察あり
     金曜日が祝日の場合は休診

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話ください

0743-55-1952

受付 9:00-19:00

*ご予約優先制*お電話にてご予約下さい

休診日 金曜日/土日祝診察あり

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

病気ってどんな状態なのでしょう

東洋医学では、病気を引き起こすものを病因と呼びます。

● からだの外からくる【外因】
四季の移り変わりによる気象の変化や伝染病などから身体の変調をきたします。
● からだの中からくる【内因】
七つの感情(七情...怒・喜・思・憂・恐・驚・悲)の過度な変化により身体に支障をきたします。
● 内因外因とも決めがたい【不内外因】
日常生活のなかから生まれる、例えば、暴飲暴食・働きすぎや過度のストレス・性生活の乱れ・外傷から身体の変調をきたします。これらいずれかの病因により、身体の陰陽のバランスが崩れ、身体を構成する気・血・水が乱れることにより、様々な病気を引き起こします。

バランスを整えてから根本を治す

一般に、鍼灸治療は肩こり、腰痛、関節炎などに効果があると思われていますが、それ以外にも多くのつらい症状や病気に効果があります。 東洋医学では、どの様な症状でも治療の基本は全身のバランスを整えることを目的としています。 治療により人間が本来持っている自然治癒力を向上させて、免疫力のある健康なからだを作ることで、病気をはねつけ、不調になりにくい身体を目指します。

適応症

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気は、下記の通りです。 鍼灸治療では病名ではなく患者様の証(体質と現在のお身体の状態)を診察し、そこから患者様お一人おひとりにあった治療を施していきます。 下記以外にも効く症状もありますので、お気軽にお問い合わせください。

腰痛

腰痛には、腎虚腰痛(骨)・肝虚腰痛(筋肉)・脾虚性腰痛(湿邪・・・身体の水分代謝の悪さ) や、基礎代謝の低下でおこる腰痛などが考えられます。腰は月(にくづき)に要(かなめ)と書くように、身体の中心となる部位です。身体は首・腰・ひざでバランスを保っているため、腰痛をそのままにしておくと、次はひざや首肩に変調をきたすことが考えられますので、しっかりと治す事が必要です。 全身の状態を診ながら、鍼・マッサージ施術により治療を行います。

心身一如と言われるように、心と身体とは密接な関係があります。 心には7つの感情=七情(怒・喜・思・憂・恐・驚・悲)があります。7つの感情がうまく動いている時は、心も身体も健康でいられますが、例えば、深い悲しみがあると『心経』が病み、 とりこし苦労が多い(憂)と『肺』を病むなど、過度な七情の変化により、身体にも支障をきたす事になります。 七情に係わる五臓六腑の経絡を使って、治療を施すことで、心の安定を導いていきます。

肩こり

肩こりは、次のような要因が考えられます。
●頚椎の異常による神経の圧迫によって起こる肩こり。
●筋肉の過緊張、例えば…手の使いすぎ・姿勢の悪さなどによって、血液循環などの停滞により起こる肩こり。
●目・耳・鼻など頭部の疾患からくる肩こり。
●五臓六腑の病により引き起こされる肩こり。
肩こりと言っても、以上のように様々な要因が考えられますので、正しい診断と適切な治療が必要となります。

​更年期障害

●更年期障害の原因を知る
 45才~55才頃の年齢になると、卵巣の機能が衰えて萎縮し、卵巣と密接な関係にある甲状腺や脳下垂体、または副腎などに影響を及ぼし、身体的・精神的変化を起こし、全身に種々の苦痛を現わしてきます。

●更年期障害の症状を知る
 頭痛・頭重・肩こり・耳鳴り・めまい等がありときどき逆上感が起こります。急激な発汗(ホットフラッシュ)のぼせ感、どうき、胸苦しさ、ときに高血圧等をきたします。胃腸障害を起こすこともあります。
 精神症状としては、
興奮亢進、イライラや不安感、憂うつ、不眠症、記憶力減退などが現われます。
 
卵巣の萎縮、子宮の縮小、外陰部の萎縮、乳房の扁平等の局所的変化が起こることがあります。
月経は、
月経困難、過少、稀発、ときに過多月経などの変化を繰り返してしだいに閉経します。

 様々な痛み、腰痛・下腹部痛・筋肉痛・関節痛等が現われます。また、新陳代謝障害として脂肪過多症が起こることがあります。
 更年期障害の症状を知ることで、自分自身の身体と精神の変化に正しく向き合うことが出来ます。そして症状に合った対処方法を見つけて日々を過ごすことは、更年期を乗り越える大きな手助けとなります。

●鍼灸と更年期障害

 このように、更年期障害は自律神経失調症に現われる不定愁訴(頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・頚腕症候群・肩こり・冷え性・のぼせ・不眠症・肥満症・やせ症・疲労・倦怠など)が多くみられます。
 治療は患者様、お一人おひとりの証(体質と現在のお身体の状態)を診させていただき、五臓六腑を司る経絡、月経を生じるためにかかわる任脈・衝脈・督脈に重点を置く施術を行い、体質の改善と様々な不定愁訴の軽減をはかります。

 

 更年期障害に個人差はありますが、長期に渡って付き合っていく身体の変化ですので、副作用の心配がほとんど無い鍼灸治療は安心して受けていただける施術と言えます。
 また、WHO(世界保健機関)が鍼灸治療に更年期障害の改善効果があることを正式に認めています。

 更年期障害の症状でつらい方、もしかして更年期障害の症状かなと感じておられる方は、一度ご相談ください。
 当院にて症状軽減のお手伝いをさせていただければ幸いです。